10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

諦めも大事♪

2011年12月16日
何度もブログに登場するカイヴァリッジトレイル(ラニカイ)に日本人友達2人と一緒に行ってきました♪

1人は来週日本に帰国するので、その前に行ってみたいということで。もう1人は、いつも私のネイルをやってくれる人で、前々から連れていってと言われていたので、まとめて2人一緒に。3人の平均身長170の大型トリオ。

ラニカイにつく直前に激しい雨。10分ぐらいで止んだけど、ヤバイ、すべるぞー(>_<)

車をとめて靴を履き替えてると、悲鳴が何度も聞こえる。あ~、やっぱりな、、、。そして悲鳴と共に滑り降りてくる泥まみれの人たち。尻もちついたのね、、、お尻や手がすごい状態(笑)。

それでもせっかくだから登るという2人。私もとりあえず向かうことに。


わかりますか?濡れた粘土みたいな状態。踏ん張りもきかず、片足をあげると地面の足がすべり落ちる感じ。

私にいたっては、両足でも滑り落ちる。たまたま近くにいた男の人が木につかまって私を止めてくれたけど、それがなかったらスタート地点まで落ちてたかも(笑)。

このトレイル、はじめの10分弱が急なんだよね。そこを過ぎると海をみながら比較的なだらか。

私はこの急勾配の半分を過ぎたところでリタイヤ宣言!!

夏にいったこんな状態のトレッキングで、両足親指の爪を剥がして、それがまだ生えきっていないんですもの。それに実は坂道がニガテだから怪我しそうだし(^^;;

頑張る2人を残してUターン。この状態で下るのもチャレンジャーなんだけどね、、、。


これは下りの最難関(私にとって)。普段でもこの木に抱きつくように下るんだけど、今回は本当に滑り止め。スケートボードに乗ってるように滑り降りました。尻もちつかずに一安心。でも靴も足も泥だらけだけど(>_<)

車で1時間くらいのんびり待ってると悲鳴が聞こえてきた(笑)。もうついたかなとみると違う人。おかしいな、声はあの2人なのに、、、。

で、また悲鳴、悲鳴、悲鳴。でも姿が見えず(汗)。こんなことを繰り返すこと数回、泥だらけで2人は無事に帰還(笑)。どれだけ上から叫んでたの???

景色はすごく綺麗だったと満足げな2人。楽しんでもらえてよかった♪スリルも満点だったみたいだし(^o^)

ただどんな短いトレッキングでも、自分が危ないと思う時は途中リタイヤも大事です。実際に辞めてる人が他にもいたし。自分の身は自分で守りましょうっ!!
くみこ日記♪